風俗店勤務にはメンタルの強さが本当に必要なのか

風俗店で働くための心構え

今は様々な形態の風俗店が増え、風俗で働く、ということへの、女性の心理的ハードルは以前に比べて下がってきていると言えるだろう。また、働き方も、当然、店のホームページに素顔をさらさないであるとか、本名を隠して源氏名で働くであるとかが可能であるため、学生や他の職種と兼業したり、週に1日や月に1日働くこともできる。金を稼ぐため、期間限定で働く人や人妻、AV女優でありながら風俗の仕事兼業する人もいて、本当に働き方はそれぞれであり、個人個人の生活や目的に合わせることが可能だ。
しかし、一方当然リスクは発生する。性的サービスは法的にグレーであったり、本番行為を伴うものは摘発されれば当然ブラックだ。未成年を働かせたり、勤務時間の問題があったり、グレーな職種ゆえに、それ以外の労働に関する条件にも問題がある場合はある。客関係のトラブルや性病にかかるリスク、せっかく登録したのに店によっては稼げない場合もあるのだ。

メンタルの強さは必要

ここまで風俗の業務内容や、それに従事することの内容について細かく見て来た。これを踏まえて、風俗で勤務するためにはメンタルの強さは必要であると断言できる。実際、好感を持っていないどころか、初対面の異性と性的な接触をすることは、教育を通して形成された、現代の人間の倫理観に大いに反すると言える。
一方で、風俗店というのは、決してソープランドやデリバリーヘルスといった、勤務する女性自身が性的サービスを提供する店だけではない。例えば、ラブホテルやアダルトショップも広義では風俗店に含まれるので、それらに勤務することも風俗店勤務である。
ここで、風俗嬢として勤務することに精神的に耐えられそうもないという方には、ラブホテルをおすすめしたい。ラブホテルの営業は24時間であり、こまめな清掃を必要とするため求人も多く、すぐに働き始めることも可能である。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る