風俗店勤務に、メンタルの強さはどのくらい必要か

そもそも、風俗店とは?

風俗店は、性的なサービスを提供する店の全般を指す言葉だ。法律上は「性風俗関連特殊営業」と呼ばれる。
1980年代は、もともとの「風俗」という言葉の意味と同様、生活上に見られる習慣や娯楽を扱う店として、ダンスやマージャンの店が風俗店と呼ばれた。しかし、やがてノーパン喫茶の流行に伴って、このノーパン喫茶も風俗店の範疇に含まれるとされたため、一般的な呼称としてほどなくして風俗店と言うと性的なサービスを提供する店に限定されるようになった。
現在は、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風滴法と省略して呼ばれることが多い)の中で、性風俗関連特殊営業と定義づけられている業種・店舗が風俗業とされている。

風俗店の種類と分布

性風俗に関する職業は、古くから世界全土に見られた。日本においても、特に江戸時代以降は、主要な街道の宿場町や、ある程度の規模の藩の城下町といった、旅人を中心とする人口が集まる街には遊郭がおかれ、侍から町人まで、幅広い人々に利用されていた。これは身分や持っているお金(予算)によって細かく階級が決まっており、遊郭に勤める女性は上は大夫(花魁)から下は遊女まで、収入や衣食住も保障され、決して下賤な職業ではなかった。
明治時代になると、同様の性風俗の店は一つの地域へまとめられるようになった。例えば、東京では新宿歌舞伎町、渋谷、池袋、吉祥寺、吉原、鶯谷、立川、町田などが有名である。いずれもいわゆるラブホテル街と接していることが多く、利用者の多い大規模な駅からある程度の距離を保ちつつ、徒歩圏内にある。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る