メンタルが強くないと風俗店で働けませんか?

風俗店とメンタルの強さ~メンヘラに風俗は難しい?

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

風俗店勤務に、メンタルの強さはどのくらい必要か

一口に風俗店と言っても、その業種はそれぞれである。そもそも、風俗嬢と呼ばれる女性が、客である男性に性的なサービスを提供する店を風俗店と定義するとしても、それがどの程度まで及ぶのかは店による。 歴史上、性風俗を扱う商売がどのように進んできたのか、いまどこに分布するのかに迫る。 続きを読む

風俗店の概要、場所

風俗店。それは女性には縁遠く、男性には憧れの夢の舞台、かもしれない。しかし、そこで勤務する女性の実態はいまだにベールに包まれている。SNSの発達とともに、様々な業種、いわゆる裏社会や水商売と呼ばれる職業につく女性たちの生活の実態も発信されるようになり、一部は漫画や映画で人々にも知られるようになってきた。しかし、そこで働くためにはどのくらいのメンタルの強さが必要なのか、それは想像もつかない。

一方で、「クソ客」という言葉をご存じだろうか。一部の風俗嬢のブログ、Twitterから生まれ、瞬く間に日本中で使われるようになった言葉だ。料金と言う対価を払ったうえでのサービスとして風俗を利用するだけでなく、それを超えた疑似恋愛のような関係を強要したり、店内以外での個人的関係をつくっていくことを当然のように考え、風俗嬢に付きまとう非常識な客のことを指す。
もちろん、本来の他業種と違い、「性」という体由来の商品を提供するのが風俗という業界。それに従事する人々が抱えるストレスや、直面する問題は想像もつかないものだろう。男性の諸君にしてみれば、まさに想像することすらできないような、恐ろしく大変な職業であることは想像にかたくない。
こうした職業についてやっていくためには、どの程度にメンタルの強さが求められ于のか。今回は、様々な風俗嬢の先人たちの記録や感想、アドバイスを引用しつつ、そこに注目して解き明かしていきたい。

風俗店での業務内容

スマートフォンやパソコンを使っていたり、新宿や渋谷と言った繁華街を歩いていれば、知らず知らずのうちに風俗店やそれに類する店の看板や広告が目に入るものである。だが、そこで実際に働くためにはどのような手順を踏めばいいのか。あるいは、そこではどのようなシステムで業務が行われるのか、実態に迫る。 続きを読む

風俗店勤務にはメンタルの強さが本当に必要なのか

ここまでの記事で、風俗店の種類や、そこで働くために必要なことの洗い出しをすることができた。では、実際に働いていくためには、メンタルの強さはどこまで必要なのだろうか。ストレス社会と呼ばれる現代日本では、鬱病やメンタル面に不安を抱える人が後を絶たない。風俗店勤務は、精神面の安定を悪化させるのだろうか。 続きを読む

▲トップへ戻る